2011年02月07日

ドームシティのコースター事故から安全性管理の重要性を学ぶ

事故がおきるたびに出てくる安全性の管理の問題東京ドームシティアトラクションズのスピニングコースター舞姫から男性が転落した事故で、本来なら安全バーを係員が手で触って確認するはずだったが、客の苦情で確認しなくなっていたそうです。

事故が起こった直後のニュースでは、当日現場にいたお客さんの証言で
「以前にも着たことがあってその時は手で触って確認していたけど、今日乗ったときは確認してなかった」
と確認作業が以前と変わったような事を言ってましたが、どうやらその通りだったようです。
安全性の管理に問題があったようですね。

続きを読む


posted by 目覚まし at 20:42 | Comment(15) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。