2010年12月16日

最近の学校問題の報道

ここ数年、学校関連の「先生がどうした」「親がどうした」という話題ニュースが多いです。
最初のうちは「こんな困った人がいるのか」っていうような話題がおおかったんですが、最近は逆に「これは取り上げるようなことなんだろうか」というものが多いように思います。

昨日見かけたニュースで、中学校でいじめにあっている生徒の親が学校に出かけ、いじめている生徒に会って話してるうちに暴力を振るったというのがありました。

最初は「乗り込んでいって暴れたんだな」と解釈をして、「なんと馬鹿なことを・・・」と思ったんですが、内容を読んでみると「あれ?これは別に騒ぐ事ではないんじゃないか?」とまったく逆の感想になってしまいました。

「息子いじめられ」校内で話し合い 父親、相手生徒に暴行 さくらの中学校http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/accident/news/20101214/429923
 「息子をいじめている生徒に会いたい」とさくら市内の中学校を訪れた父親が14日、校内で相手の男子生徒に暴行を加えたことが、同校への取材で分かった。学校によると、暴行を受けた生徒にけがはなく、同日夕、保護者も交え、和解したという。同校は「(父親が)暴力を振るう場面は想像していなかったが、生徒に会わせたという判断に甘い部分があった。暴力行為はあってはならず、再発防止を徹底したい」としている。

 同校によると、14日午前9時ごろ、いじめを受けたとする生徒と父親が「いじめている生徒に会わせてほしい」と学校を訪問。担任の男性教諭が応対し、親子といじめ側の生徒、教諭の4人で校内の会議室で話し合っていた。その最中に父親が激高、いじめた側の生徒を平手で数発たたいたという。

 いじめは今夏から続き、体形をからかったり、小突くなどの内容で、生徒は今夏から担任教諭に相談していたという。14日、生徒がいじめを理由に学校を休み、心配した父親が生徒を連れて学校を訪れたという。

 同校の対応について、同市教委の角田静雄教育長は「難しい局面もあるが、親が会わせろと言っても、いじめた生徒に直接会わせるべきではなかった」と話している。




これは新聞で問題にするほどの内容なんでしょうかね。
その生徒の態度がそうとう腹に据えかねたんでしょう。
確かに暴力はよくない。
しかしそれでもグーパンチでなく平手です。
よく我慢したなぁという感じしかしません。

自分達にも経験がありますから分かりますが、どうしても中学生くらいの時は粋がっている時期です。
いじめられている生徒の親が学校に来ても、いや学校だからこそ周りの生徒への手前もメンツもあり、なかなか素直にはならないでしょう。
いじめてる生徒からすれば、話し合いにきたのはその辺のオッサンという感覚でしょうし。
いわゆる「舐めた態度」を取ったりもするでしょう。

自分達だって思い返せば、「ああ馬鹿だったよなー」と今にして思えば粋がってたのが恥ずかしいと思えるような態度を取った事もあります。
ただそんな態度を取れば当然怒られます。
昔は怒られても、また先生から殴られても「自分が悪い」のは分かってましたし、親も「おまえが悪い事したんんだろ」というのがありました。

しかし最近はどうも子供の保護を過剰に考えてしまってる節があります。
ちょっと先生が何かすれば体罰となりますし、子供の側もそれが分かっているからなおさら大人を甘く見ます。
そしてマスコミがそれこそ鬼の首を取ったかのように、嬉嬉として報道します。

この件の場合って、いじめをしていた生徒がいて、ただそれを頭から決め付けて「殴り込んだ」わけではなく、話を聞きにいったんでしょう。
その中で「大人が腹に据えかねて、でも暴行というよりは平手で怒った」というのが、問題になるような事とは思えないんですよね。
学校側も新聞などの報道側もなんか大げさなんじゃないんだろうか。

なんか最近はそれこそ「揚げ足取りゲーム」のように些細な事でも過剰反応している気がしますね。
こんな事では逆に子供達にとってよくないんじゃないかなぁ。
もちろん虐待や体罰ってのはよくないし賛成する気はないです。
モンスターペアレントなんてのも、なんだそりゃ?って思います。
でもこれは違うんじゃないかな。

ただ虐待でも体罰でもないけど、怒ったり叱ったりは必要だし、本気で子供と対面してる限りは罰もあったり平手で殴る事もあると思うんです。
その違いは明確にしておかないといけない。
何でもかんでも大騒ぎすればいいってものじゃないでしょう。




タグ:学校 イジメ
posted by 目覚まし at 14:18 | Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。